2011年05月22日

また、おチビさんが入ってきました。

おチビさんというと、年齢的には3歳半、4歳になったばかり。
4.5年前に3歳児だった子たちは、はやいものでもう小学生に。また、次の世代のおチビさんがヴァイオリンを一から習い始めます。



大人の手のひらほどの小さなヴァイオリンを肩にのっけて「らーらー」。
その姿は本当に可愛らしくて、見るたびに心が癒されます。

3歳児の集中力ですから、もって15分ほどでしょうか。。
最初は15分もすると、足をもじもじさせて「ふーふー」言い出したり、「トイレ!」といってお手洗いに駆け込んで行ったりもします。

毎回、少しの時間をちょっとづつ積み重ねて半年もすると
どうにか「らしど〜らしど〜」(^−^)

小さなヴァイオリンが、可愛らしいおうたを奏で始めます。


小さな曲でも弾けるようになると、本人も楽しいのでしょう。
昨日は、4歳になったばかりの男の子がやってきて
「ぶんちっち、ぶんちっち、はなのワルツ〜」
の歌を、楽しそうに何度も弾いて聞かせてくれて、あっという間に30分も過ぎていました。


良い生徒に恵まれて、いつも楽しいレッスン時間を過ごすことができ、とても感謝してます。
posted by 住吉 光恵 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック