2011年02月06日

いつも間違えてしまう子がいます

1曲を通して弾くとなると必ずどこかしらで間違えてしまうタイプの子がいます。
もう1か月近くヴィヴァルディのコンチェルトにかかっているので、今日は○にしてあげたいな、、と今週のレッスンを迎えました。
私が隣で一緒に弾いて部分練習をすると何の問題もなく弾きこなしました。

しかし、いざ一人でピアノと合わせての通し練習となると、どこかしらで必ず間違えてしまいます。
難しい箇所になるとどんどんテンポが速くなってしまい停まってしまう、あるいは難所を切り抜けてもいつもは間違えない簡単な箇所で間違えてしまう。。

「もう一回チャレンジしてみよう!」となってもやはり同じことの繰り返して、レッスンの1時間が終わってしいました。。たらーっ(汗)



一方で、絶対に間違えないタイプの子もいます。
初見の段階から、間違った音やボーイングで弾くことはまずなく、一音一音を自分で正しいと確信して弾く習慣が自然と備わっているのです。



この両者の違いは何なのでしょうか。



それは毎日の練習の仕方です。
最初の譜読みの段階で、一音一音を正しい姿勢正しい音程で、大きなボーイングを使って練習し、それを焦らず繰り返し繰り返し時間をかけて曲に仕上げていくことのできる人は大成します。


しかし、ある程度弾けるようになったらあとはノリでぱぱっと流し練習をしたり、「早く練習終わらせて遊びたいな」とか「お友達に追いつきたいから早く先に進みたい」など、焦る気持ちがあると、それがそのまま練習態度に表れることに。。。
高速で練習することで手癖がついたり、ネックを握っていることに気づかないまま練習したりして、間違った姿勢が身についてしまいます。
先生の前で急になおしても、あとの自宅練習での6日間を間違った姿勢で弾いていては、そちらが勝つに決まっています。

通しをすると、いつもの癖がひょっこりと顔を出すのでしょうふらふら


やっぱりヴァイオリンの練習は自分との戦いです。パンチ
posted by 住吉 光恵 at 10:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雑なることからは何も生まれない
大いに同感
Posted by クラッシック at 2011年02月25日 20:38
はじめまして。先生のブログ、お邪魔しています。私の1年生の娘(双子です)も、バイオリンをやっています。今日、レッスンから落ち込んで帰ってきました。先生に、ご質問のメール、させていただこうかと、ページを開きましたら、答えがそのまま書いてありました。そのように導いてみます。
ありがとうございました。
Posted by kako at 2011年02月26日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/184504901

この記事へのトラックバック