2010年11月29日

自分との戦い

私はいつも生徒がいつも間違えてしまう箇所に、色鉛筆で丸印をしたり、インデックスシールを貼りつけておきます。


翌週のレッスンの時に、それを必ず修正してくる人と、毎回のレッスンで同じ所でつまづいてしまう人。
半年〜1年もすると、その両者の差はびっくりするほど大きくなります。
自分の苦手なところから逃げ出したい自分に勝つか負けるか。
ヴァイオリンの自主練習は、まさに自分との戦いだなと思います。





クリスマス合奏の課題曲、ビリーブの前奏部分で、サートポジションの難しい指使いの箇所があります。


今週のレッスンで、ある女の子に「できるようになった?」といって弾かせてみると、
その難しいフレーズをとりわけ自信満々に朗々とヴァイオリンを響かせて聴かせてくれました。
ぴかぴか(新しい)
一緒に隣で弾いていた女の子を、リードしてくれたのでしょう。一音一音しっかり弓を擦りつけて大きな音で弾いて、なんとか二人の音を一つにしようとするその姿を、大変頼もしく思いました。




楽したい弱い自分に流されず、いつも立ち向かっていく強い気持ちを持っている子の上達ぶりはまったくもって目覚ましいものです。

posted by 住吉 光恵 at 00:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、一乗寺在住の学生です。
お教室について詳細を教えて頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いします!
Posted by ななみ at 2010年12月02日 01:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック