2010年06月13日

耳をすませば

ヴァイオリンが上達するに一番よく効く薬は、「自分の出している音をよく聴くこと」です。

当たり前のことのようですが、
自分の音を聴いていない人、あるいは聴く余裕のない人、聴くことを忘れている人、が実に多いです。

自分の音をよく聴く習慣のある子は、少しでも音程が違ったり、ぎーっという雑音ば鳴ったりしたら、弾きながら、私の顔をみて照れ笑い(^_^;)
あるいは、「ここでこんな風な音が鳴っちゃう、どうして?」と自己申告してきます。



聴く習慣のない子には、

「自分の音をよく聴きなさい。自分の音を聴かないことは、自分の話している言葉を聴いていないのと同じだよ」

といって聞かせるのですが、


「ぼく、自分が何話しているか、きいていないよ。人が話していることは聞いているけど」

と返答されたことがありました。




なるほど、これはただ自分が弾いていることに満足して「聴く」という習慣が備わっていないだけのことなのだと思い、それ以来、


「自分の音を耳をすませて、よく聞きなさい」
「ピアノと同じ音程か聴きなさい」

と、じっくり言って聞かせるようにしています。


最近は、少しづつキレイな安定した音を出すようになり、本人もとても充実した様子です。




今回の、発表会のテーマは「耳をすませば」

よくよく、自分の音色に耳を傾けて欲しいとの想いです。









posted by 住吉 光恵 at 10:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
私は京都在住の女性でバイオリンを習い始めて
半年程です。
最近はなかなか上手くならず凹みがちです。
先生のHPを読ませて頂いて、こんな先生に
教わりたいと思っています。
連絡先などわからないので、、、もし、
レッスン可能であればご連絡頂けないでしょうか。宜しくお願い致します。
Posted by 桐生 at 2010年06月15日 20:14
書き込みありがとうございます。

ヴァイオリンとは長い長いお付き合いと考えて、上達を焦らず、楽しくレッスンしてください。
3年〜4年、勉強してやっと「イロハ」が分かってくると言っておられる方も、たくさんおられますよ(^−^)


体験レッスンもしておりますが、私でご希望にかないますかどうか。。

7月3日に、発表会を予定しています。
それ以降、時間が空くと思いますので、下記連絡先にまたご連絡ください。

etsumi3232@yahoo.co.jp
Posted by 住吉 光恵 at 2010年06月19日 12:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック