2010年04月25日

急に背が伸びる時期 〜嬉しいような、大変なような〜

子供には、1〜2週間もしないうちに、ぐっと背が伸びる時期があります。

私のレッスンは1週間に1回ですので、子供たちに会う機会は7日に1回。
たった、7日で半ズボンから見える足がスラーと伸びていてビックリ!という事がよくあります。

そういう成長期は、ヴァイオリンのレッスンにも大きく影響します。
いままでできていたことが、急にできなくなったり、じっくり丁寧に練習することが我慢ならなかったり。
レッスン中、なぜか眠くてしんどくて、イライラする様子も見られます。

おそらく、急激な体の成長に、精神面がついていかない。心と体のバランスがとれず、戸惑っているようです。

今週も、そういうケースがありました。
急に体が大きくなって、少し体や指先が硬くなったのでしょう。音程がズレたまま、猛スピードで弾いている子に、

「このまま丁寧に練習しないと、『ジャイアンの歌みたい!』てお友達に言われてしまうよ!」

というと、

猛然と弾いていた手をとめて、少しシュンとした様子。

曲の中で、上手く音程のとれないD#の音の前に、四分休符を書かせて、「うん」と1拍お休みしている間に、左手の準備をさせる練習をさせます。

ただ曲を最初から最後まで通して弾くことが練習ではない。出来ない所をゆっくり繰り返し、体と頭に覚えこませることが本当の練習であることに、気づいてくれたでしょうかるんるん


posted by 住吉 光恵 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147727663

この記事へのトラックバック