2011年02月27日

「できる」と信じて

自分が「必ずできる」と信じてじわっと努力すれば、何でもできるようになります。
自分が「できない」と思ってしまったら、いくら周りが言い聞かせても、できるようにはなりません。

無邪気な子供にとっては「できる」と信じることは当たり前のことなのですが、小学3年生をすぎたくらいから、いつしか自分の可能性に限界を引いてしまう時期がやってきます。


「一生懸命やってるけど、私にはできない!!」
そう言いきってしまう子もいます。

大人の方も同じです。
「私にはこの曲を間違えずに弾くことはできません」
私には、「この方は丁寧に部分練習を積み重ねれば、必ず1か月もすれば弾きこなすことができる」という確信があったとしても、本人が「できません!」そう言いきってしまわれると、どうしても成功の道へ導くことができなくなる。。。

気持ちの持ち方一つで、物事は大きく変化することを伝えていけたらと思うのです。





毎週金曜にやってくる女の子は来年、小学3年生を迎えます。
足がすらっと伸びて、とっても可愛らしくなってきました。

ヴァイオリンもとっても上手なのですが、成長とともに指先も硬くなってきて、指板を押さえる3番指がコロンと横向きにねてしまうようになりました。

これは大変、ということになり、
A線の3番「レ」の音を二分音符で、「れーれーれーれー」と弾くことから練習を始めました。

少し窮屈な格好で、「れーれー」練習。
「もう少し肘を入れて」「第一関節は丸く弦にぶらさがってるみたいに!」
と注意するも、なかなか上手くいきません。
もうちょっと粘ればできるのに、と思ってもすぐに諦めてしまい、もとの癖に戻ってしまいます。
レッスンが終わるや否や、物凄い早さで楽器をケースにパタンとしまってしまいました(>_<)


「大丈夫大丈夫。じわっと基礎練習したら2週間でうんと良くなるから!」
そう言って、親御さんとも年齢のことや気持ちの持ち方についてお話させていただきました。



さて、2週間後。
大変嬉しいことに、伸び伸びバッハのガボットを弾く彼女の姿を見ることができました。
一本一本の指が指板の上でしっかり立ちあがって、音程が抜群に良くなっていますぴかぴか(新しい)
お母さんがじわっと言って聞かせたのでしょうか。。それとも彼女の粘り勝ちでしょうか。。


その日のレッスンから、彼女は自分から「れーれー」練習のページを譜面台に開いて置くようになりました。






posted by 住吉 光恵 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

いつも間違えてしまう子がいます

1曲を通して弾くとなると必ずどこかしらで間違えてしまうタイプの子がいます。
もう1か月近くヴィヴァルディのコンチェルトにかかっているので、今日は○にしてあげたいな、、と今週のレッスンを迎えました。
私が隣で一緒に弾いて部分練習をすると何の問題もなく弾きこなしました。

しかし、いざ一人でピアノと合わせての通し練習となると、どこかしらで必ず間違えてしまいます。
難しい箇所になるとどんどんテンポが速くなってしまい停まってしまう、あるいは難所を切り抜けてもいつもは間違えない簡単な箇所で間違えてしまう。。

「もう一回チャレンジしてみよう!」となってもやはり同じことの繰り返して、レッスンの1時間が終わってしいました。。たらーっ(汗)



一方で、絶対に間違えないタイプの子もいます。
初見の段階から、間違った音やボーイングで弾くことはまずなく、一音一音を自分で正しいと確信して弾く習慣が自然と備わっているのです。



この両者の違いは何なのでしょうか。



それは毎日の練習の仕方です。
最初の譜読みの段階で、一音一音を正しい姿勢正しい音程で、大きなボーイングを使って練習し、それを焦らず繰り返し繰り返し時間をかけて曲に仕上げていくことのできる人は大成します。


しかし、ある程度弾けるようになったらあとはノリでぱぱっと流し練習をしたり、「早く練習終わらせて遊びたいな」とか「お友達に追いつきたいから早く先に進みたい」など、焦る気持ちがあると、それがそのまま練習態度に表れることに。。。
高速で練習することで手癖がついたり、ネックを握っていることに気づかないまま練習したりして、間違った姿勢が身についてしまいます。
先生の前で急になおしても、あとの自宅練習での6日間を間違った姿勢で弾いていては、そちらが勝つに決まっています。

通しをすると、いつもの癖がひょっこりと顔を出すのでしょうふらふら


やっぱりヴァイオリンの練習は自分との戦いです。パンチ
posted by 住吉 光恵 at 10:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする