2010年10月30日

合奏の練習に慣れるまで。

クリスマス合奏の練習に入っています。

合奏の練習は難しい、つまらない、と感じる人がいるようです。
通常のレッスン曲は、教本に付属しているCDを聴いて、曲を覚えてから弾くことができます。
ピアノ伴奏をつければ、テンポもピアノがキープしてくれます。




しかし、合奏曲となると、オリジナルの楽譜になるので、音源もなく、自分で譜読みしなければいけません。
レッスン中は、私が一緒に弾くので、曲の感じもわかりますが、いざお家に帰って弾いてみると「あれ?これ、どんな曲だったけ?」となることも多いようです。



そして、1週間後レッスンに、「弾けるようになった!」とやってくるものの、いざ披露してみると、難しいところは遅く、簡単なところは早く、符点二部音符を二拍しか数えていなかったり。。。
自分がメロディーでないとこは、適当に練習してきてしまって、私がメロディーパートを弾くと、つられる、拍を数えられなくなる、、などの事故が多発どんっ(衝撃)




「お家でメトロノームで練習してきてね。」
というも、
「メトロノームきらい(;一_一)」
「合奏の練習はつまらなくて、飽きてしまう」







いざ本番を迎えてみてやっと、
「合奏めちゃ楽しい!」「もっと練習して、たくさんの曲に参加したかった」と、そのビックサウンドに包まれる楽しさを実感するようです。
そんな調子で、3回ほどクリスマス合奏を経験すると、やっとメトロノームでテンポを維持して、楽譜を追う練習に慣れてきます。



それまでは、少しの我慢です。



楽譜を自分で読んで、同じテンポで弾くことができるようになると、もっともっとヴァイオリンが楽しくなります。


そしていつの日か、まるで文庫本を読むように、楽譜を読み弾くことができるようになって欲しいと思っています。
「この曲は、ファンタジーのお話だったな」、「これは冒険ものか〜」、「この楽譜はまるで森の中を、お散歩しているみたいな曲だな」


果てない音楽の世界が広がり、ヴァイオリンと向き合う時間がとても素晴らしいものになることでしょう。

posted by 住吉 光恵 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

文武両道

「腕が疲れた〜」
今週も、この言葉を何回も耳にしました。

ヴァイオリンでは弦を真上から擦らなければいけないので、右腕はしっかり弓を持って、持ち上げておく必要があります。

1時間のレッスンを受けていると、30分くらいすると「腕がつかれる。。」「ちょっと休憩」となるようです。
腕力のない子供だけでなく、大人の生徒さんでもたくさんの方が、少し弾いては休憩されるので、ヴァイオリンを弾くには強い筋力が必要なのだなと、感じます。

しかし、初心者の状態からレッスンをはじめて、ヴァイオリン教本の4巻を弾く段階になってくると、そういうことはほとんどなくなってきます。
十六分音符や和音を少しの弓幅でしかも弓の毛をぺたっと弦にくっつけて弾く。
この奏法を身につけるまでには、早い人でも1年半、遅い人では何年かかるでしょうか。。
色々な方を見ていると、その段階まで進むのが、とても大変なことなのだな、と感じます。


腕がだるいのを我慢してたくさんたくさん練習すると、強くなります。
そのうちヴァイオリンの音色に包まれる楽しさで腕の痛さを忘れてしまうようになるでしょう。

しかし、筋力がついていないうちは、音楽を弾く楽しさより、腕の痛みやしんどさが勝ってしまい、その状態は意外と長く続きます。
そこを何とか楽しく、乗り越えて欲しいパンチ




弓を軽々と掴んで、弾きならしている子は、精神的にも肉体的にも充実しています。
ヴァイオリン以外にも、バレエや水泳を習っていて、自然としなやかで強い筋力が身についているのでしょう。

良いヴァイオリン弾きは、人間的にもバランスのとれた方が多いです。
「文武両道」とはよく言ったもので、色々なアプローチがヴァイオリンの上達につながるように思います。
posted by 住吉 光恵 at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする